ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

コロナワクチン国内初の治験、まず1人に接種…来年春以降の実用化へ!

f:id:chuokurashinet:20200701152059p:plain

コロナワクチン国内初の治験スタート

医療新興企業アンジェス(大阪府茨木市)は、6月30日、新型コロナウイルスのワクチンの治験を始めたと発表した。大阪大と共同開発したもので、初めて、国内で治験が始まりました。大阪市立大病院で計30人に接種する計画で、2021年春以降の実用化を目指しています。

今後の計画

20~65歳の健康な人を対象に、ワクチンの投与量の多いグループと少ないグループの15人ずつに分け、2回ずつ接種する。そして、副作用や体内に抗体ができるかどうかを調べ、今秋以降、治験を数百人規模に広げる計画です。

DNAワクチン

ワクチンは「DNAワクチン」と呼ばれる新しいタイプです。

ウイルスそのものを使わないので、特殊な設備が不要で、一般的な製法と比べて短期間に大量製造できます。今年度中(来年3月まで)に20万人分を生産できるという。

他のワクチン開発

 国内では塩野義製薬(大阪市)やKMバイオロジクス(熊本市)などの製薬企業も別のタイプのワクチン開発を進めています。

新型コロナウイルスのワクチン、待ち遠しいですね!

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針