ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

「赤チン」ご存じですか?

f:id:chuokurashinet:20201226073553p:plain

「赤チン」

筆者は、来年年男。

子供のころ、擦り傷をすると、いつも赤い消毒液を塗っていました。

その名は、通称「赤チン」。

国内唯一のメーカー、東京世田谷区の三栄製薬、24日に、最後の製造を迎えました。

三栄製薬は、創業68年、作り続けた赤チンのその数「数億本」との事です。

シニアの方、お世話になっていましたね!

赤チンの歩み

赤チンの製造は1960 年代ごろがピークとなり、メーカーも最大100社ほどあったそうです。ところが、原料の製造過程で発生する水銀が、四大公害病の「水俣病」の原因と断定され、急速に市場が縮小したそうです。

三栄製薬では、海外から原料を調達して生産を続けていましたが、2018年には、最後の1社になり、来年は、輸入にも規制がかかるため、24日で最後の製造となりました。

各世代の一言

おなじみの世代は!

80代「私はね、赤チン育ち」

50代「よく膝小僧に、赤チン塗りつけてましたね」

なじみのない世代は!

Q(赤チン)どんなものだと思います?

10代「赤いちょうちん?」

20代「見たことないです」

 

藤森社長は、最後の1本について、「申し訳ないですけど、私がもらって、亡くなった(先代の)両親に報告したいと思います」とお話されています。

昭和の古き良き商品の“ともしび”が、また、一つ消えました。

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針