ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

五大陸考古学講座「楽園」と災害を島で掘る~プカプカ環礁の考古学~12月15日開催!

f:id:chuokurashinet:20191127142121p:plain

 五大陸考古学講座 第3回「オセアニア」

2020年東京大会の機運醸成を図るため、「五大陸考古学」をテーマとした外国考古学講座が開催されています。

第3回目はオセアニア。

南太平洋上に広がるクック諸島のプカプカ環礁には、2,000年前には、人々が暮らしていたことが明らかになっています。

サンゴでできた島、サイクロンによる災害など、オセアニアの人々は自然とどう向き合ってきたのか。丹念なフィールドワークと学際的な調査により、島・景観の歴史を復元します。

 

日時 

12月15日(日曜日)午後2時~4時

(開場午後1時30分)

会場 

市立博物館(中央区高根3-1-15)

講師 

山口 徹さん(慶應義塾大学教授)

演題

「楽園」と災害を島で掘る ~プカプカ環礁の考古学~

定員 

200人(申込順)

申し込み 

11月17日~12月14日に、市コールセンター(電話042-770-7777)へ

問い合わせ 

相模原市立博物館 

電話042-750-8030

 

f:id:chuokurashinet:20191127142357p:plain

f:id:chuokurashinet:20191127142426p:plain

 

©中央くらしネット2018

当サイトの個人情報保護指針