ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

民俗企画展「上溝番田の神代神楽」開催!(2024/7/6)

深遠なる神代神楽の世界

神代神楽

面をつけて『古事記』や『日本書紀』の神話を演じる黙劇風の芸能で、神代神楽は祭りなどで神に奉納されます。

上溝番田の神代神楽

代々亀山家が元締を務め、相模原市や座間市を中心とした地域で神楽の奉納を担ってきました。

令和 4(2022)年に保存会が解散し、書状や面、衣裳等が当館に寄贈されました。

これら亀山社中の神楽道具の数々について、これまで市民ボランティア「福の会」を中心に資料整理を行ってきました。

この展示ではその成果を初公開いたします。

実際に使用されてきた道具を通して、深遠なる神代神楽の世界の一端を感じてみませんか!

会 期

令和6年7月13日(土)〜9月8日(日)

休館日

7月16日(火)、8月26日(月)、9月2日(月)

開館時間

午前9時30分〜午後5時

会場

相模原市立博物館1階 特別展示室 観覧無料

(所在:相模原市中央区高根3丁目1番15号)

関連事業

プラネタリウムで神楽「神話から見る神々の世界」

内容

プラネタリウムで神楽をお楽しみいただけます。

全天周映像による演出や星空解説とのコラボレーションイベントです。

日時

7月13日(土)

①13時~14時

②15時~16時

場所

相模原市立博物館内 プラネタリウム

演者

相模里神楽垣澤社中

定員

各回当日先着200名

料金

大人500円、

未就学児・相模原市内在住又は在学の小中学生無料、

上記以外の小中学生200円、

65歳以上250円(要証明書)、

障害者手帳の交付を受けている方とその介護者・ひとり親家庭の方無料(要証明書)

講演会 「日本の神楽と神代神楽」

内容

約1000年の歴史を持ち、多様な内容で現在に継承されている神楽の歴史とその意味を講じ、記紀神話をもとにした「神代神楽」の内容と特色などのお話しです。

日時

7月28日(日)

14時~16時

会場

相模原市大会議室

講師

小川直之氏(國學院大學名誉教授)

定員

当日先着100名。希望者は直接会場へおいで下さい。

問い合わせ先

相模原市立博物館

電話 042-750-8030

 

この記事は、令和6年6月28日相模原市発表資料『民俗企画展「上溝番田の神代神楽」を開催します』を参照しています。

©中央くらしネット2018-2021

当サイトの個人情報保護指針