ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

「国道413号の強靱化に関する協定」について!

f:id:chuokurashinet:20200713141129p:plain

相模原市と山梨県が連携

来年夏の東京五輪で自転車ロードレース競技のコースとなる国道413号の防災機能強化に向け、道路管理者の相模原市と山梨県が連携協定を結びました。

台風19号の被害

昨年10月の台風19号に伴う豪雨で、相模原市側だけで8カ所の土砂崩れが発生しました。しかし迂回(うかい)路がなく手前の土砂崩れで足止めされ、その先の被害の把握に手間取りました。これらの土砂崩れで,国道413号は、長期間通行止めとなり、住民生活や物流、経済活動に甚大な影響がありました。

協定の狙い

この経験を教訓に、相模原市と山梨県は、災害時には県境を越えて現場に駆け付ける体制を整えてゆきます。災害発生時には、県境をまたいで両側からアプローチすることで速やかな現場確認などが期待できます。さらに、のり面の補強や落石防止対策など、災害の発生前の事業でも連携し、効率的に対策を進め、国などへの要望活動も協力して進めるとの事です。

協定の対象区間

相模原市緑区青山の国道412号交差点から、山梨県山中湖村の国道138号交差点までの50・4キロ。

f:id:chuokurashinet:20200713141221p:plain

調印式

 7日に山梨県道志村で締結式が行われ、相模原市の本村賢太郎市長、山梨県の長崎幸太郎知事が協定書を交わしました。

f:id:chuokurashinet:20200713141129p:plain

 本村市長のお話

「両県市の住民生活や経済活動を支える国道413号の強靱(きょうじん)化に向け山梨県と連携し、国への働き掛けもしっかりやっていきたい」

 

連携の内容

(1)災害、通行規制、道路状況等の情報共有に関すること。

(2)災害時の道路啓開や早期復旧に関すること。

(3)道路防災・減災対策事業の推進に関すること。

(4)関係機関への要望活動に関すること。

(5)前各号に掲げるもののほか、本協定の目的に沿うこと。

 

国道413号の強靱化に関する協定は、相模原市の発表をご覧ください。

国道413号の強靱化に関する協定についての相模原市の発表

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/020/484/0707/0707_01.pdf

問合せ先

相模原市 道路計画課(計画班)

電話 042-769-837

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針