ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

「ドライブスルー方式」を採用し、PCR集合検査場を開設!

f:id:chuokurashinet:20200605094506p:plain

6月11日設置

相模原市は6月11日、集合検査場を市内1カ所に設置します。

採用された検査方式は、ドライブスルー方式。設置運営業務は、一般社団法人相模原市医師会に委託されます。

目的

・新型コロナウイルス感染症のPCR検査体制の一層の強化

(今後起こり得る感染拡大への備え)

・医療機関の負担軽減を図るため 

相模原市のPCR検査実績

 相模原市では、これまでに、帰国者・接触者外来を設置する市内の病院などや、市医師会の協力のもと地域の医療機関で検体を採取し、市衛生研究所で3308件(6月1日時点)のPCR検査を実施しました。 

「ドライブスルー方式」

検査場に車で乗り付け、窓から顔を出し鼻から検体を採取するもので、感染の疑いのある人が車外に出ることなく検査できるため、採取にあたる医師の感染リスクが抑えられます。

採取時間の短縮による業務効率化や、検査を担う病院などの負担減にもつながります。

韓国はじめ海外では、すでに広く普及しています。

場所

「患者のプライバシー保護と円滑な運営」のため非公開です。

対象

相模原市民で、かかりつけ医などを受診してPCR検査が必要と判断された人、

濃厚接触者で症状がある人など。

完全予約制

対象者の数に応じて週4日を上限に開設されます。

採取された検体は民間機関で検査されます。

1日に最大18人の検査が可能で、結果は1〜2日で判明するということです。

 

問い合わせ

相模原市地域保健課

☎ 042-769-8343

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針