ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

【防災豆知識】自助、共助、公助ってご存知ですか?

f:id:chuokurashinet:20180314100037p:plain

自助 = 自分で自分を助けること
共助 = 家族、企業や地域コミュニティで共に助けあうこと
公助 = 行政による救助・支援、のこと

自助、共助、公助とは?

災害が起きたら、国や市が何とかしてくれる。自分は緊急避難グッズがあればOK。
そんな考えで良いでしょうか?

自助・共助・公助の概念の意味を理解して、国・都道府県・市・自治会・企業・家族・個人が、それぞれのパートで防災に取り組みませんか!

   

自助 (じじょ)

防災の基本は、「自助」です。
自分の命は自分で守る、自分のことは自分で助ける・なんとかする、ということです。

そのためには、緊急避難グッズや非常食を準備したり、家具の転倒防止対策をしたり、住宅の耐震補強といろいろなことができます。

自助は防災の基本です。まずは自分を守ることにより、家族や友人・隣人を助けにいくことができる、「共助」のベースになるからです。
「救助される人」でなく、「救助する人」になること、自助の取り組みの大事なポイントです。「救助する人」が多い地域は、防災に強い地域ですね。

 

共助 (きょうじょ)

防災の基本は「自助」、でも、自分で出来ることには、限界があります。また、子供、女性、年配の方、障害を抱えた方など、災害に強い人ばかりではありませんね。

「共助」とは、自分や小さな共助である家族だけでなく、自治会などの小さな地域コミュニティ単位で、防災としての助け合い体制を構築する、また災害発生時に実際に助け合うことです。

大災害発生時には、災害規模が大きくて、すぐには、救助隊に、あまり期待できません。むしろ家族や友人・隣人で助け合うことが重要です。

あなたが住んでいる自治会で行われる防災活動、防災訓練には、是非とも積極的に参加しましょう!そして地域の防災を盛り上げていきましょう。

 

公助 (こうじょ)

国民の生命・財産の安全を図ることは、国や地方公共団体の役割。災害発生時には、役場、自衛隊、消防署、警察署などによる救助活動、避難所開設、救援物資の支給、仮設住宅の建設などが行われます。

被害を減らすこと、減災の為に、国や地方公共団体は、避難所の指定、公園などの一時避難場所の整備、建物の耐震化工事に対する助成金の支給、災害情報の周知・徹底、などの取り組みを行っています。

これらの事前・事後の公的な対応を「公助」といいます。
公助は、国や地方公共団体がやることですが、地域事情に応じたきめ細かい施策を実施する事が重要です。積極的に関与し、協力しましょう。

 

 

 みなさんが

   「自分の身は自分で守る」       (自助)

   「自分たちの地域は自分たちで守る」  (共助)

   「これに足りない部分を行政機関が補う」(公助

という考えを持ち、災害に備えることが必要ですね。

 

 

 

©中央くらしネット2018

当サイトの個人情報保護指針