ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

JAXA、カプセルほか、すべてのパーツ発見を発表!

f:id:chuokurashinet:20201206161331p:plain

JAXAの発表

小惑星リュウグウの試料を持ち帰ったとみられるカプセルのすべてのパーツを発見することに成功したと発表しました。

6日午前7時半ごろ、まず、オーストラリア南部の砂漠でカプセル本体が回収され、続いて、カプセルの近くで大気圏突入の際の高熱から試料を守るヒートシールド(耐熱カバー)が発見されました。

f:id:chuokurashinet:20201206161413p:plain

はやぶさ2のカプセル

直径約40センチ、高さ約20センチの中華鍋のような形をしています。

中央部分には、リュウグウから回収した試料を収めるサンプルコンテナが入っている本体部分があり、上下が熱の進入を防ぐヒートシールドでおおわれています。

火球と温度

カプセルが秒速12キロで大気圏に入ると、1万度を超える高温になりますが、ヒートシールドの樹脂が溶けることなどで温度を下げ、カプセル内部を最高で50度程度に抑える仕組みになっているそうです。

パラシュートとヒートシールド

カプセルは高度10キロ程度でパラシュートを開き、その際、ヒートシールドが分離される仕組みになっていました。そこで、カプセル本体とは別の場所に落下したヒートシールドを探索し、発見したと言う訳です。

ヒートシールドが回収されたので、このヒートシールドがどの程度の熱に耐えられたかが分かり、今後の天体から試料を持ち帰る探査などに役立てるとの事です。

回収されたカプセルは、相模原にやってきます!

 f:id:chuokurashinet:20201206043316p:plain

おかえりなさい「はやぶさ2」!

お疲れ様でした!

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針