ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

『さがみはら共生シンポジウム2020』9月17日(木)開催!

f:id:chuokurashinet:20200916180233j:plain

『さがみはら共生シンポジウム~ニューノーマル時代の生きる力~』が開催されます。

※報道発表資料より引用

 避難のあり方に変化を求められる防災、机上の勉強だけでない変化を求められる教育、どちらも現在を起点にこれから大きな変化が到来する時代に求められる生きる力を共通のテーマに、合同発表、ディスカッションの場として「さがみはら共生シンポジウム~ニューノーマル時代の生きる力~」を開催致します。

 本事業では自らの足元から世界規模まで、様々な社会課題を体感するとともに、解決するための学びを得ることを目指します。

日時

令和2年9月17日(木)19時30分 配信開始

場所

公益社団法人 相模原青年会議所 YouTubeチャンネル

www.youtube.com

(時間になりましたら上記のURLからご視聴ください。)

事業概要(見どころ)

※報道発表資料及び相模原青年会議所ホームページより引用

第1部 合同発表「複合災害に向けた生きる力」

 新型コロナウイルスの感染拡大により2020年4月7日から5月25日まで、緊急事態宣言が発令されたところですが、そのような状況下において、重ねて自然災害が起きた場合、複合災害について危惧されるのが現状です。複合災害においては避難のあり方も変化し、防災準備がいっそう大切となるため、関係諸団体も連携し、その様子を発表するとともに更なる普及啓発を行います。

登壇者:本村賢太郎(相模原市長)、大野中地区自治会連合会長(市自治会連合会)、相模原市危機管理課ご担当者、株式会社エフエムさがみ、市川雄士(相模原青年会議所理事長)

第2部 パネルディスカッション「夢と希望をもって成長できるまち、相模原に向けて」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、子どもたちを取り巻く日常生活、教育環境、家庭環境が一変しました。持続可能なまちづくりと、シビックプライドの醸成には、次世代の担い手である子どもたちが安心して自らの可能性を育て、豊かな人生を切り拓いていける環境が不可欠です。学校、行政、家庭、地域の大人たちが、コロナ禍を経た今の相模原市の教育の現状と、課題を共有し、地域社会総出での教育の実現を目指します。

登壇者:本村賢太郎(相模原市長)、住田昌治(教育専門家)、市川雄士(相模原青年会議所理事長)

主催・問い合わせ先

公益社団法人 相模原青年会議所

sagamihara-jc.com

地域共創委員会 委員長 大西 孝幸

電話:090-5790-9890 E-Mail:odasaga@ag.em-net.ne.jp

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針