ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

宇宙通じ夢創出へ新組織、「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」!

f:id:chuokurashinet:20200921152642p:plain

「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」設立、JAXAとの交流を深化!

「はやぶさ2」の帰還が12月に迫る今、、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所と相模原市、市民がより身近な存在となり、共に宇宙を通じ夢を育もうと地元有志による新組織が誕生しました。

新組織の名は「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」。相模原市内に宇宙科学研究所(以下宇宙研)の相模原キャンパスがあることから地元色を濃くするため、あえて宇宙研の名称を加えての名付けです。

設立総会の報告

國中所長の謝辞

相模原市民の日頃からの応援に感謝を述べた上で、会の設立に関して「とても心強く感じる。応援とともに宇宙科学事業を推進していきたい」と期待感と事業への意欲をのぞかせました。

「はやぶさ2の現状」報告

「順調に地球に接近している」との事で、豪政府の協力で100人規模のスタッフを帰還予定の12月6日までに現地に派遣する計画が示されました。併せて、小惑星リュウグウで採取して持ち帰ったカプセルについて「何らかの形で皆さんにお見せできるようしたい」と話し、前回のはやぶさと同様、披露する場を設ける考えを明らかにされました。楽しみですね!

本村賢太郎市長からビデオメッセージ

「昨年は市とJAXAは連携協定を結ぶなど、市にとって欠かせない存在。市としても将来、子どもたちが宇宙を通じて描く夢を応援していきたい」とし、「帰還はぜひ市民一体で盛り上げたい」と決意を見せた。

はやぶさ2の帰還時のパブリックビューイング(PV)

はやぶさ2の帰還時に、「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」では12月5日深夜に淵野辺駅北口デッキ下でパブリックビューイング(PV)を実施予定です。

カプセルが戻る時期に合わせて非公開でのセレモニーも予定されています。

「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」は、今後も、コロナ対策に注力しながら、はやぶさ2やJAXA全体を盛り上げるイベントを続々と開催し、相互の交流の深化に努めていく予定です。


f:id:chuokurashinet:20200715073118p:plain

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針