ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

相模川の堤防を鮮やかに彩る芝ざくら 今年で見納めか?

f:id:chuokurashinet:20210424080102p:plain

タウンユースの記事(芝ざくら 今年で見納め?)から転載

管理団体が解散、存続の危機

相模川左岸の堤防、南区新戸から下磯部までの約1400mに敷き詰められた芝桜、通称「芝ざくらライン」、毎年、多くの方が楽しんでいます。

その長さは日本一とも言われています、相模原の誇りです。

残念ながら、「芝ざくらライン」を管理する団体が解散および解散の意思を示していて、存続の危機を迎えています。

 

日本一を誇る芝ざくらラインの管理団体は!

①約600mを「相模川芝ざくら下磯部愛好会」(吉山茂利会長)

②約800mを「新戸相模川芝ざくら保存会」(児玉高典会長)

「相模川芝ざくら下磯部愛好会」解散

2004年、自治会や老人会らが連携して結成し、地元企業から資器材の提供を受け、17年にわたり会員が植栽を行ってきた「相模川芝ざくら下磯部愛好会」が、3月31日付で解散を発表しました。

「新戸相模川芝ざくら保存会」も解散の意思を表明

2002年、老人クラブ寿会の会員が発起し、伊勢原市から苗を譲り受け育てたことから、2002年に「新戸芝ざくら愛好会」が結成されました。伊勢原市を通じて県の河川専用許可を取り、堤防法面に芝桜の植栽を行い、敷地を拡大し、現在の長さに及んでいます。保存会へと名前を変え、19年間、活動を続けてきました。70代、80代の20人ほどの会員で、活動を続けています。

存続は困難、その理由は!

①会員の減少と高齢化による後継者不足

②災害対策

災害対策とは

雑草を防ぐため、堤防に黒色の「防草シート」を敷いていますが、相模川を管理する厚木土木事務所から堤防の安全点検を目視で行えるよう、毎年5分の1の範囲ずつシートを剝がすことが求められています。大雨により堤防が決壊する事例があり、県としても堤防の安全確認のため必要な措置との事です。

指示どおりに「剥がす」事を行うと、年間で200万円くらいの予算がかかるそうで、市から支払われている約266万円が除草委託作業費は、作業等に必要な金額のため、「剥がす」事に回す余裕はないそうです。

新型コロナウイルス感染症により、「芝ざくらまつり」が2年続けて中止になり、祭りでの資金調達も出来ず、資金難となっているそうです。

今後は?

今後はクラウドファンディングなども考え、予算捻出を模索するそうです。しかしながら、予算捻出が無理なら、「新戸相模川芝ざくら保存会」も解散せざるを得ないという状況の様です。

 

相模原のシビックプライド、日本一の芝ざくらライン、何とか存続してほしいですね!

 

タウンニュースの関連情報はこちら☟

www.townnews.co.jp

https://www.townnews.co.jp/0302/2021/04/15/570121.html

 
「新型コロナウィルス感染症 拡大防止」を忘れずに、

3密を避けて、散歩を楽しみませんか!

家に帰ったら、手洗い、うがい、除菌を忘れないでください。

©中央くらしネット2018-2021

当サイトの個人情報保護指針