ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

小中一貫校「青和学園」が、緑区に開校します。

f:id:chuokurashinet:20200221035552p:plain

緑区の小中一貫「青和学園」

青根小学校、青根中学校(ともに同区青根)で児童生徒の減少が続いているための措置で、青野原小、青野原中(ともに同区青野原)とともに2020年3月に閉校し、4月に青野原小、中の校舎を使って「青和学園」が設置されます。

「青和学園」では、小中の9年間、一貫した教育が行われます。1人の校長が任命され、小中の教員が相互連携できるよう、一つの職員室が設けられます。

神奈川県内では、横浜市内に2校設置されています。

青和学園について

学校名

相模原市立青和学園(読み仮名:さがみはらしりつせいわがくえん)

住 所

相模原市緑区青野原1250番地1(現在の青野原小学校) 

校名に込めた思い

 80点の応募から、「青野原小・中学校における義務教育学校設立準備委員会」が校名案を選考しました。

地域を象徴する「青」と、子どもたちに和やかに成長してほしいなどという願いを込めた「和」を組み合わせたとの事です。

義務教育学校について

・9年間で育てる「子どもの姿」を設定し、9年間連続した教育活動を行います。

・学年は、1年生から9年生までとなり、9年生(中学校3年生に相当)で卒業となります。

・学校教育法においては、前期6年の前期課程及び後期3年の後期課程に区分されており、前期課程は小学校学習指導要領、後期課程は中学校学習指導要領の内容について学習します。

・1年生から9年生までの学年を4年間(1年生~4年生)、3年間(5年生~7年生)、2年間(8年生・9年生)などの区分を設けるなど、より発達段階に応じた柔軟な学年のまとまりをつくることができ、小学校から中学校への接続時に起こりやすい「中1ギャップ」の抑制につながったり、系統的な学習が展開しやすくなったりします。

・教科担任制が導入しやすくなることや、特色ある教育活動を展開しやすくなります。 

閉校・開校スケジュール

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、変更されました。

青野原小・中学校の閉校式

 中止⇒卒業式の日(3月24日(火))に、閉校宣言を行う予定

青根小・中学校の閉校式・閉校記念碑除幕式

延期(時期未定)

青和学園の開校式

中止⇒始業式の日(4月6日(月))に、開校宣言を行う予定

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針