ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

ふたご座流星群出現 ピークは、12月15日早朝4時頃!

f:id:chuokurashinet:20191212093338p:plain

月明かりの中、いくつの流星が見えるかな?

2019年のふたご座流星群の活動は、12月15日4時頃に極大となると予想されています。

でも、今年は、明るい月が一晩中空を照らしているため、観察の条件は良くないそうです。

見える時間帯

14日の夜は、空の暗い場所で観察すれば、最大で20個程度の流星が見えるかも、13日の夜も、普段より多くの流星を見えそうです。

20時頃から流星が現れ始め、22時頃から本格化、真夜中を過ぎた頃に流星の数が最も多くなり、5時頃まで出現が続くとの事です。

月の影響で、見ることのできる流星の数は大きく減りそうです。

過大な期待はせずに、気楽に空を眺めてみませんか!

 

ふたご座流星群

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の一つ。

小惑星ファエトンの通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで、上空100km前後で発光して見えるそうです。速度は比較的遅めとの事です。

 

流星群の「極大」とは

流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期のこと。

ある場所で見える流星の数には、その場所での放射点の高度や月明かりなどが影響します。今年は、月の影響を受けそうです。

 

f:id:chuokurashinet:20191212093439p:plain

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針