ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

熱中症に注意しよう!!

f:id:chuokurashinet:20200221035552p:plain

熱中症とは

高温多湿な環境に身体が適応できないことで生じる様々な症状の総称です。

新型コロナウィルスの出現に伴い、感染防止のための「新しい生活様式」が求められていますが、マスクの着用により、熱中症のリスクが高くなる可能性があります。感染予防はもちろんですが、「新しい生活様式」における熱中症予防行動も心掛けましょう。

熱中症のサイン(症状)

めまい・筋肉痛・倦怠感・頭痛・吐き気

汗が止まらないまたは全く出ない・呼びかけに反応がない等

「新しい生活様式」での熱中症予防のポイント

急に暑くなる日は特に注意

感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンや扇風機で上手に室温を調整しましょう。

暑い日には決して無理せず、外出する際は、冷却グッズを身につけ、涼しい衣服の着用等で暑さ対策をしましょう。

適宜、マスクをはずして休憩を

屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。マスク着用時は、負荷のかかる作業や運動を避けましょう。

こまめに水分・ほどよく塩分補給を

のどが渇く前に水分補給を心掛けましょう。

大量の汗をかいたら、スポーツドリンク等で、水分とともに塩分もとりましょう。

日頃から健康管理を

体温測定、健康チェックを日頃から実施しましょう。

「丈夫な」体づくりを 

十分な栄養や良質な睡眠、適度な運動を心掛け、熱中症にかかりにくい体づくりをしましょう。

 

厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

www.mhlw.go.jp

 

相模原市HPの情報、熱中病に気を付けよう!

もしも熱中症になったら

涼しい場所へ移動させ、安静に寝かせる

衣服を緩め、体を冷やす

(うちわや扇風機で風を当て、首筋・脇の下・太ももの付け根等などを冷やすと効果的。)

自分で飲めるようであれば、スポーツドリンクや食塩水を飲ませる。

こんなときは直ちに救急車の要請を

自分で水が飲めない

意識がない

普段通りに歩けない

全身のけいれんがある

熱中症警戒アラートの先行実施について

令和2年7月1日より、神奈川県を含む関東甲信地方で、暑さ指数(WBGT)に基づいた熱中症予防のための新たな情報発信が「熱中症警戒アラート(試行)」として、先行的に実施されます。

暑さ指数(WBGT)

人体と外気との熱のやりとりに着目した値で、(1)湿度 (2)周辺の熱環境 (3)気温の3つを取り入れた指標です。最高気温35度以上が予測される場合に出されていた「高温注意情報」が「熱中症警戒アラート(試行)」に置き換わります。

 

問い合わせ先

相模原市 健康増進課(健康づくり班)

住所 :〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階

電話 :042-769-8274 

ファクス:042-750-3066

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針