ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

ペルーのナスカで「新しい地上絵」発見‼

f:id:chuokurashinet:20201018123641p:plain

 

南米ペルーのミステリー

ナスカの巨大な地上絵に新たなものが発見されました。

丘の斜面に人工的に作られた線、右側の上部に正面を向いた顔、横向きの身体やしっぽが丘の麓に伸びたネコ科の動物が描かれているように見えます。

ペルーの文化省の発表

世界遺産の「ナスカの地上絵」の保全作業をしている考古学者らが、幅37メートルの新たな地上絵を発見したと発表しました。

これまでに知られている地上絵より古い時期のもので、急な斜面に描かれていたため自然の浸食でほぼ見えない状態だったということです。

文化省の担当者は、ドローンなどの技術の発展により低い高度からの撮影が可能になったことで、今後まだ新たな地上絵が見つかるだろうと話しています。

新しい発見、すごいですね!

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針