ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

免許証、マイナンバーカードとの一体化検討⁉ 各種資格 デジタル化!

f:id:chuokurashinet:20200624081649p:plain

マイナンバー制度を活用した行政のデジタル化対応

マイナンバー制度を活用し、行政のデジタル化を進めるワーキンググループ(WG)の初会合が開かれました。

運転免許証など国家資格証のデジタル化やマイナンバーカードとの一体化が検討されます。新型コロナウイルス対策の教訓を生かして、年内に工程表をまとめる予定です。

9月から「マイナポイント」スタート

消費活性化策としてマイナンバーカードの保有者を対象にポイントを還元する制度「マイナポイント」が始まります。

「マイナポイント」制度の周知や手続きが簡単なQRコード付きカード申請書の再交付などを通じてカード普及率を高める計画です。

マイナンバーカードの機能拡充

「運転免許証との一体化」を求める意見が出ています。国家資格証のデジタル化や外国人の在留カードとの一体化も議論されます。

今後の取り組み

給付作業では、各自治体が個別にシステムを外注したり、申請内容が正しいか手作業で確認したりする例が相次ぎ、混乱が生じました。現金10万円の給付作業での経験を生かす取り組みが行われます。

マイナンバーカードのシステムを運営する地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の体制を強化し、現金給付などに必要な自治体の業務システムの標準化を目指した取り組みも検討されます。本人の同意を前提に金融機関がマイナンバー制度を使って本人確認ができる制度も検討されます。

マイナンバーカードの健康保険証としての利用

マイナンバーカードは2021年3月から健康保険証としても利用できるようになります。保険証の機能に加えて学校などで受けた健康診断結果を閲覧できるようにするなど機能の追加を目指すとの事です。

マイナンバーカードの普及率は2割程度です。政府は、多くの人が本人確認のために携帯する運転免許証と一体化できれば、マイナンバーを通じた行政のデジタル化が進むと考えているようです。

税金の無駄遣いのない取り組みを期待しましょう!

 

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針