ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場のイベント!

f:id:chuokurashinet:20200815025820p:plain

妖怪アマビエを牧草地に描くイベント

千葉県富津市田倉のマザー牧場で、新型コロナウイルスの退散を願い、飼育しているヒツジで疫病封じの妖怪アマビエを牧草地に描くイベントが開かれています。

少し遠方のイベントですが、新型コロナウイルスの退散を願い、ご紹介します。

イベント内容

夜の牧場を体験できるサマーナイトファームで披露される「ひつじの夕焼け大行進」の一コマです。

スタッフの合図で約250頭のヒツジが登場し、牧草地の一角に集結、巨大なアマビエをかたどって置かれた固形飼料をヒツジが食べ始めると、アマビエが浮かび上がる仕掛けです。

ピンクの「桃色吐息」

ペチュニアを品種改良した「桃色吐息」2万5000株が牧場一角の斜面をピンク色に染めています。9月中旬まで見ごろ。日差しが弱くなると花の色が濃くなるので、夕方が観賞のお勧めだそうです。

開催予定

サマーナイトファームは、8月16日までの連日と、22、23日に行われます。

花火の打ち上げも予定されているようです。

問い合わせ

マザー牧場

☎0439-37-3211

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針