ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

子ども110番の家とは?

 

f:id:chuokurashinet:20180119222218p:plain

 

子ども110番の家とは?

 

「子ども110番の家」とは子どもや女性、高齢者等、地域住民が「誘拐や声かけ、ひったくり、ストーカー」など、何らかの犯罪被害に遭い、または、遭いそうになって助けを求めてきた場合などに、「子ども110番の家」において、その様な人たちを、保護するとともに、警察、学校、家族等へ連絡する措置を行うボランティア活動です。

一般家庭や商店だけでなく「車両」も活躍

 

f:id:chuokurashinet:20180119222233p:plain

 

子どもたちを不審者等から守り、緊急に避難できる場所と犯罪を未然に防ぐ目的で、自治会などを中心に、「こども110番の家」は設置され、活動しています。

 

子どもたちを危険から守るための「こども110番の家」の取り組みは、一般家庭・商店・事業所などのほかに、タクシー、郵便配達車両、新聞配達車両、農業協同組合車両、市の公用車・清掃車などによる「走るこども110番の家」、鉄道事業者による「こども110番の駅」など、さまざまな組織が参加し、市民総ぐるみの活動として展開しています。

 

「こども110番の家」は、一般家庭・商店・事業所など、「走るこども110番の家」は、郵便局、タクシー事業者、新聞販売事業者、東京ガス株式会社、東京ガスライフバル澤井株式会社、東京ガスライフバル相模原株式会社、相模原市農業協同組合、津久井郡農業協同組合、社会福祉法人相模原市社会福祉協議会、公益財団法人相模原市まちみどり公社、相模原市環境事業協同組合、市公用車、清掃車などです。

 

関連リンク

 

www.city.sagamihara.kanagawa.jp

©中央くらしネット2018

当サイトの個人情報保護指針