ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

城山ダムで、大雨時、容量確保の為「事前放流」導入!

f:id:chuokurashinet:20200818211903p:plain

「事前放流」を18日から導入

相模川の洪水対策の一環として、神奈川県は、城山ダム(相模原市緑区)でダムの水位をあらかじめ低下させる「事前放流」を、8月18日から導入すると発表しました。

事前放流の目的

神奈川県は「ダムの計画を超える多量の雨が予想された場合に運用し、従来以上の容量を確保する」と発表しています。

事前放流の内容

神奈川県河川課の発表では、台風などが襲来するおおむね3日前にダムの上流で48時間480ミリ以上の雨が予想された場合に事前放流が行われます。

これまでの「予備放流」の段階より、水位を50センチ下げ、さらに多くの雨をためられるようにします。

神奈川県の対応

城山ダムについて、水道事業者などの利水関係者の同意を得て、台風シーズンが本格化する9月を前に「事前放流」の態勢を整えた。

併せてダムの操作方法も見直して、状況に応じて放流量を従来の毎秒3千立方メートルから同3400立方メートルに引き上げる特例操作も開始します。

これらの手法を組み合わせることで、ダムへの流入量が増えて満水に近づいた際の最終手段である「緊急放流」を回避し、下流の氾濫被害をできる限り防ぐ方針です。

大雨時の「緊急放水」を回避する「事前放流」、頼りになりそうですね!

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針