ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

「こうのとり」後継機で宇宙太陽光発電の技術実証!!

f:id:chuokurashinet:20200827092937p:plain

宇宙空間での構造物展開技術の実証実験

JAXAは、新型宇宙ステーション補給機「HTV―X」1号機で、宇宙太陽光発電システム(SSPS)構築に向けた、宇宙空間での構造物展開技術の実証実験を行います。

「HTV―X」1号機に搭載された縦2メートル×横4メートルの平面アンテナを展開させ、地上から電波を送り受信できるかを検証します。1号機を打ち上げる2021年度にも実施する計画です。

*HTV―Xは、19日任務を終了した「こうのとり」の後継機。

宇宙太陽光発電システム(SSPS)

SSPSは宇宙で太陽光発電を行うシステム。

宇宙空間に巨大な太陽電池と送電のためのアンテナを配置し、太陽光エネルギーを電波に変換して地球上のアンテナに送信後、電力に再変換して利用します。自然エネルギーを使い、大容量の電気を作れる未来技術として注目されています。今回の実験は、宇宙空間で大規模な構築物を完全無人で展開するための要素技術の獲得につながると期待されています。

HTV―X1号機での実験

宇宙空間での構造物を完全無人で展開させる技術獲得の一歩として、まずはHTV―X1号機に平面アンテナを搭載し展開実験を行う計画。

展開するパネルは太陽光電池ではなくアンテナのみです。そのため今回は宇宙から地上に送電する実験は行わず、地上から送信した電波を受信させ、展開したアンテナが正しく作動するかを検証する実験となります。

HTV―Xでの宇宙太陽光発電システムへのチャレンジ、

期待しましょう!

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針