ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

2020年11月30日は満月と半影月食が同時に見える!

f:id:chuokurashinet:20201128104708p:plain

フロストムーン(満月)と半影月食が同時に起こる!

2020年は、11月30日(月)にこのフロストムーン(満月)を向かえ、同時に、半影月食も起こります!

11月の満月

フロストムーンと呼ばれます。11月は、霜(frost)が降り始める時期なので、その名が付けられたと言われています。日本の「霜月」にも通じるものがある呼び名ですね。

また、冬に着るビーバーの毛皮を確保するため、沼地が凍る前のこの時期に罠を仕掛けることから、「ビーバームーン」という名前もあるそうです。

半影月食ってなに?

地球の半影に月が隠される現象で、月が欠けて見えるのではなく、一部がグラデーションのように少し暗くなった状態で見られます。

2020年の日本の月食

1月11日、6月6日に続き、今回が3回目の月食です。

目視では月の影の変化を捉えるのは難しそうですが、月の左上部がうっすらと暗くなっている半影月食が観測できるかもしれません。

半影月食の時間は?

半影月食は、18時43分ごろが最大で、終わりは20時53分ごろです。

地域に関係なく、同じ時間帯で見られるとのことです。

18時30分が満月の最大の時間ですから、半影月食と一緒に観測できそうです。

空気が澄み渡る冬空、美しく輝く満月が楽しめますね!

 

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針