ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

富士山、初雪化粧❔

f:id:chuokurashinet:20200922110854p:plain

富士吉田市、独自の「富士山初雪化粧」を宣言

昨日の敬老の日は秋らしい涼しさの朝でした。

相模原も10℃台の気温を観測したようです。

静岡県と山梨県の県境にある富士山では、20日の昼に雪が降ったものとみられ、テレビでも報道されました。筆者も、TVで観ましたが、山中湖からの富士山は、山頂付近の山肌が白くなり雪化粧してましたね!

山梨県富士吉田市は21日9時30分に、市独自の「富士山初雪化粧」を宣言しました。昨年よりも32日早い宣言だそうです。

甲府地方気象台からは「初冠雪」の発表無し

甲府地方気象台では冠雪が確認出来ていないらしく、「初冠雪」の発表はありません。

雪が積もって見えているのは富士山の東側斜面のようで、甲府地方気象台からは、積雪が確認ができないようです。もし21日付けで甲府地方気象台から初冠雪の発表があれば、平年より9日早く、昨年より31日早い観測となるそうです。

積雪は、多くの写真やビデオで、確実なのに、甲府地方気象台での確認が判断基準とは、初めて知りました。ちょっと驚きです。

富士山初冠雪の定義

初冠雪とは、その年の「最高気温日」を観測して以降に、「山の全部または一部が、雪または白色に見える固形降水(雹など)で覆われている状態を下から初めて望観できたとき」を指します。

富士山の初冠雪を観測、発表するのは甲府地方気象台です。富士山の麓や静岡県側から雪化粧が見えたとしても、山梨県甲府市にある甲府地方気象台から富士山の冠雪の様子が見えないときには初冠雪は発表されません。

2003年9月に河口湖測候所の有人化業務が終了してからは、甲府地方気象台に一元化されているそうです。

甲府地方気象台HPの初冠雪に関する情報

初冠雪の記録(甲府)

初冠雪とは、対象とする『山の一部が雪等の固形降水により白くなった状態が初めて見えたとき』としており、甲府地方気象台では、富士山・甲斐駒ヶ岳について観測をおこなっています。

f:id:chuokurashinet:20200922110950p:plain

 冬の富士山は美しい!

f:id:chuokurashinet:20200922111011p:plain

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針