ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

米国版はやぶさ、小惑星ベンヌに接近!

f:id:chuokurashinet:20200815024120p:plain

米国版はやぶさ

米航空宇宙局(NASA)は、探査機オシリス・レックスが小惑星ベンヌの地表に約40メートルまで接近して撮影した画像を公開しました。

米国版はやぶさとも呼ばれ、10月20日に着陸して岩石を採取する予定で、今回が最終リハーサルとの事です。

小惑星ベンヌ

地球や火星の軌道の近くを回る小惑星で現在は地球から2億3千万キロほど離れています。直径は約500メートルで、日本のはやぶさ2が着陸した小惑星りゅうぐうの半分ほどです。形はりゅうぐうに似ていて、そろばん玉のような形をしているそうです。

着陸予定場所 

多くの小石に覆われてごつごつした大きな岩も転がる場所で、ごつごつとした多数の岩や一辺13メートルもある大きな岩などがあるとの情報もあります。

NASAのチームは「危険だが採取できると信じている」と話しているそうです。

今後の予定

探査機は、着陸時にはアームの先端を接触させ、ガスを噴射して舞い上がる粒子を吸い込む計画です。そして、2023年9月に地球に帰還する予定です。

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針