ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

JAL『アマビエJET』就航!!

f:id:chuokurashinet:20200905090526p:plain

JALの一風変わった「特別塗装機」がデビュー

9月3日、JALの「アマビエJET」が就航しました。

機材はボーイング 767-300ER型機で、運航初日は、羽田~那覇(沖縄)を1往復、羽田~伊丹(大阪)を2往復しました。

地上では見えません

「アマビエJET」と呼ばれるこのボーイング767(機番:JA613J)は、地上に駐機しているときは何の変哲もない標準塗装のJAL機に見えますが、ひとたび空に飛び上がるとその姿を変えます。

胴体の底部に、疫病をおさめるといわれる妖怪「アマビエ」が描かれており、離陸した機体を地上から見ると、初めてその塗装が現れます。

こめられた思い

 アマビエJETは、絵に書き写すことで疫病を収めるといわれる妖怪「アマビエ」の姿を機体の底部に描いており、JALの整備士の発案で実現しました。

「妖怪ですが、親しみを持っていただけるよう、可愛らしいデザインとなるよう工夫いたしました。この飛行機が訪れる地域の方や、飛行機を見つけてくれた方をはじめ、多くの皆さまにとって、1日も早く平穏な日が訪れることを願っています」

「皆さまのもとにたくさんの笑顔をお届けできればうれしいです」

「アマビエJET」は、ユニークな特別塗装機、いわば「最も気づきにくい」特別塗装機のひとつですね。

「アマビエ」塗装の様子

f:id:chuokurashinet:20200905090802p:plain

 

©中央くらしネット2018-2020

当サイトの個人情報保護指針