ちゅうおうくらしねっと

神奈川県相模原市中央区中央地区情報を発信しています

10月1日から京王相模原線 加算運賃値下げ!!

f:id:chuokurashinet:20190924140848p:plain

加算運賃とは(加算運賃の歴史)

京王電鉄相模原線は、調布駅から京王多摩センターを経て、橋本駅に至る22.6kmの路線。多摩川の砂利を運搬する目的で1916年に調布~京王多摩川間が開業。戦後、多摩ニュータウンの開発とともに西へ延伸され、1974年から1990年にかけて京王多摩川~橋本間が順次開業しました。

この相模原線の新線建設にかかるコストに充てるため、同線の京王多摩川~橋本間の乗車キロに応じて、加算運賃を設定されています。京王電鉄の他区間より相模原線の距離あたりの運賃が高くなっているという訳です。

京王多摩川以東の各駅から若葉台駅までは10円、京王多摩センター駅までは20円、京王堀之内駅までは40円、多摩境駅までは60円、橋本駅までは80円などの加算です。

加算運賃収入等に依って相模原線建設事業費の回収が進捗してきているので、10月1日から、加算運賃の引下げが実施されます。

f:id:chuokurashinet:20190924140949p:plain

値下げの概要

10月1日からは、普通運賃では、1~8km(加算額10円)と9~13km(同20円)の距離帯で加算運賃が廃止されます。新宿方面からの場合、京王多摩センター駅までの加算運賃がなくなります。それ以外の距離帯でもすべて20円引き下げます。

定期運賃も同様に引き下げ、1~8km(1ヶ月定期で加算額380円)と9~13km(同750円)は廃止し、14km以上の距離帯で750円引き下げます。

橋本駅から乗車の場合、 若葉台以遠の区間では、 消費税率引上げに伴う改定分を含めても、 運賃が値下げになります。

 

加算運賃値下げの具体的情報

f:id:chuokurashinet:20190924141038p:plain

消費税値上げの時期に『運賃値下げ』

とにかく大歓迎ですね!



 

©中央くらしネット2018

当サイトの個人情報保護指針